OSAKA'n Blog

ENTP型ネアカポジティブヲタクウォッチャー。2016年生まれ男子持ちエンジニア。基本、関西圏うろうろしています。

【3歳0ヶ月】共働きの夏休みの準備(料理編)

f:id:osakanit:20190727121007j:plain

折りたたみメッシュ虫かご

今朝は起きた時寝室に誰もおらず。
「あれ?」
と思ってリビングに行ったら旦那と息子がいました。
 「お母さんは寝てるから起こさないように起きようね」
起きた息子は寝ていた旦那を起こしてそう言い、旦那と朝ごはんを食べていたみたいです。

なんか素敵やん!!!

旦那は「オレは寝させてもらえへんのか…」
と言っていましたが。
平日は母が起こされる可能性が高いです。息子はきまぐれ(笑)

昨日は息子が「蝉を捕りたい」と言うので、霧雨の中さくっとクマゼミをゲット。
こないだ行った大阪市立自然史博物館ミュージアムショップで購入した折りたたみメッシュの虫かごをおろしました。

osakanit.hatenablog.com

軽いし、歩いているときの風の抵抗も少なく、プラスチックのモノよりも虫へのダメージは少なそう。かなりコンパクトに折り畳めるのもおすすめポイント。

捕ったクマゼミは旦那の意向により、速攻でリリースしました。
息子は蝉が苦手で触れないのに「まだ逃さない」と抵抗してた。エー、セミ苦手なんやろ?
旦那は「蝉は地上に出てから長く生きられないから可哀相」と言っており、蝉に対して慈愛溢れてた。

わたしは小さい頃から虫に対してはかなり淡白(というかスーパードライ)なんですよね。
どれだけドライだったかと言うと、小学校の頃教室に入ってきた虫を窓から逃がすという発想がなかったくらい。
みんなが「逃がそう」として窓を開けるのを見て「なるほど!普通の人はこんな考え方をするのかと」と思ったことを覚えています。どんだけ。 

虫かごはこれと同じものです!↓
item.rakuten.co.jp

そんなことはさておき。本題。
「料理編」と書いていますが他は特にありません(笑)

我が家は共働き。
今年の夏休みは旦那とわたしで一部同じ日もありますが、違う日もあります。
今年は旦那のほうが休みは多め。
つまり息子と旦那が2人きりで過ごす日中が数日あるということになります。

旦那は家事を何でもやってくれるのですが、料理だけは苦手なんですよね。
料理の程度は、ご飯を炊く、パスタや素麺を茹でる、レトルトを湯煎したり、レンジでチンする程度。

わたしが前もってお弁当やおかずを作ってから仕事へ行くでも良いのですが、例え数日であってもわたしのタスクを増やすのはできれば避けたい。かといって外食やデリバリーばかりだと食べるものが偏りそう。

ということで、ニチレイフーズの「気くばり御膳」を注文してみました。
カネで解決。
wellness.nichirei.co.jp

これを注文するのは、1月に旦那が骨折した時以来です。
ご飯なしのコースにしたのは下記の理由から。

  • お米は旦那の実家からいただいているのでたんまりある
  • 旦那はご飯を炊ける
  • ご飯を炊く時間がなくても、サトウのごはんのストックはある

これならご飯さえ炊いておけば、冷凍庫から出してチンするだけでバランスの良い食事をとることができる!カロリーも塩分もひかえめだし、献立を考えないといけないこともない。
また、料理をする時間と洗い物をする時間が格段に減るので、息子と遊んだりする時間もあまり気にしないでよくなりそう。冷凍なので使わなければ無駄にもならないしね。

念の為、下記も準備してあるのできっとなんとかなろう。

  • 丸美屋 ポケモンカレー(レトルト)
  • マルコメ 生みそ汁 料亭の味(インスタント)
  • 冷凍ハンバーグ(パックを湯煎でOK)
  • 冷凍コロッケ(チンしたらOK)
  • パスタ(乾燥パスタ&レトルトパスタソース)
  • 素麺(乾麺&2倍濃縮つけ汁)
  • 冷凍しているパンケーキ(手作り)
  • サトウのごはん
  • フジッコのおかず

他に、作りおきのおかずやカットしたフルーツ、オヤツなども何品か置いておこうと思います。

これで夏休み対策は万全だ。