OSAKA'n Blog

大胆不敵で分析癖のあるENTP型ネアカポジティブヲタクウォッチャー。2016年7月生まれ男子持ちエンジニア。あまり動じないタイプ。関西圏に生息中。

【2歳10ヶ月】息子、GWにコミュ力向上し苦手を克服した話

f:id:osakanit:20190519143653j:image

GW明けてからの息子の変化について。

息子は先月、同じクラスの女の子Aちゃんを苦手としている素振りを見せていました。
女の子Aちゃんは息子が登園する時間と同じくらいに登園するため、わたしが唯一よく見かける子です。

Aちゃんは人懐っこくいつもニコニコしているお喋りでかわいい女の子。
パーソナルスペースがゼロ距離!って感じでガッっと近づいてくるので息子はそこを苦手としているようでした。
息子もAちゃんと似ていて人見知りがあまりなく人懐っこい共通点はあるんですが、パーソナルスペースはザ・日本人
もしかしたら女性より男性の方がパーソナルスペースが広いのでその違いかもしれない。

「女の子っていじわるだから好きじゃない」
なんて言葉も聞くように。見抜くの早すぎ問題。2歳にして女嫌いですか。(いじわるだと思った理由も訊いたけれど真偽の程は定かではない。そりゃそういう面誰しもあろう。ましてやまだ幼児)
そのせいか息子は女の子より男の子たちと遊ぶことを好んでいました。

旦那が保育園に送りに行った日
「登園したときAちゃんが近づいてきて『【息子の名前】ちゃーん!恐竜ごっこしよー!』と言ってきたのに【息子の名前】はスルーしてた(笑)」
と言ってたことも。

息子の性格的にも見てて分かる気がするんですよね。
「いや、今はそんな気分じゃないんだけれど。あとちょっと近すぎ」
的な。その後もちょくちょくそういった対応が見られました。

GW後のある日、わたしが保育園に送りに行ったときのこと。
 Aちゃん「ねー【息子の名前】ちゃん!恐竜ごっこしよー」
と近づいてきたAちゃん。

走り出してAちゃんから離れ、教室のカーテンの影に隠れだす息子。
やっぱり苦手なのかなーと思っていると

 息子「【息子の名前】ちゃんはどーこだ!」

息子からAちゃんに「かくれんぼしよう」という提案?!初めてみた!
距離もとれるし一石二鳥や・笑。

Aちゃんも恐竜ごっこをやりたいというより、息子と遊びたいという意だったようで楽しそうにキャッキャ遊んでいました。息子に寄せてくれているのかは不明ですが、息子が好きな恐竜ごっこを提案してくれる女子なんて貴重じゃないか。
自分が心地よい距離感を調整すれば楽しく遊べるってこと。

それ以降、保育園の帰りに誰と遊んだか訊くと
「Bくんとー、Cくんとー、Dくんとー、Eくんとー、Aちゃんと一緒に追いかけっこしたの」
と名前が入ることも出てきました。
苦手意識がなくなってきているのを感じる!!

GWでは義実家で(息子から見て)イトコとイトコの友達とすごく楽しく遊んでいたんですよね。イトコの友達の面倒見良すぎなんだけれど。
家でも今までは1人で遊ぶことを好んでいたのが「お母さん、お父さん、一緒に遊ぼう」とよく誘ってくるようになりました。GWにコミュニケーションの楽しさを学んだんだろう。

これからの人生人間関係で色々あるかもしれないけれど、色んな人達を見て学んでコミュ力を向上させていって欲しい。 

f:id:osakanit:20190519143706j:plain

息子は走るのが好きなのか追いかけっこが好きな様子。