OSAKA'n Blog

大胆不敵で分析癖のあるENTP型ネアカポジティブヲタクウォッチャー。2歳2ヶ月(2016年7月生まれ)男子持ちエンジニア。あまり動じないタイプ。勢いと思いつきでだいたい乗り越えていきます。セカイは面白いもので溢れている!

【2歳0ヶ月】子連れで金剛山へ行ってきた

暑すぎね?

最近は暑すぎて、休日もなかなか公園で遊びにくい。
朝行っても遊具で目玉焼きできちゃうかな?って思うレベルの熱さで使えないし、砂場なんて完全に砂風呂。
完全にサウナやこれ。 

この時期、夏休みも始まったりして結構どこも涼しい屋内は混んでいる。
どこかに行ける範囲にあって、涼しくて、混んでなくて、できれば屋外とかないかなー。
と考えてたら、あるじゃん。

山。

わたし元、山ガール(関西の低山専門)だったってのに失念しておりました。山の存在。
行ける範囲にある山から金剛山に決定したのはほぼ、わたしの意向です。
ひさびさに金剛山に行きたかっただけ。

金剛山は、奈良と大阪唯一の村である千早赤阪村の間にあります。
大阪の学校の耐寒登山でよく使われる場所。
わたしも小学校の頃に耐寒登山でアイゼンつけて登ったし、高校の1泊登山もこの山でした。冬は樹氷が有名ですね。

しかし、今回は2歳なりたての子どもを連れての山。
さすがに脳筋のわたしも子どもに自力で山に登れとは言わない。
っていうか、絶対抱っこになるのは目に見えているため、今回はロープウェイで山上のちはや園地へ行くだけです。山頂には行きません。

ちなみに、トレッキングブーツを出したりと行く準備をしていたわたしを見て、旦那が一言「ガチ装備!」。
「山をなめるな!」と返しておきました。あ、ちなみに全然ガチな装備じゃないです。

osaka-midori.jp

車で1時間〜2時間弱。ロープウェイ乗り場近くの駐車場に車を止め、ロープウェイ『千早駅』へ。

この時点で気温は28〜29度くらい。涼しい。サイコー。
息子は落ちている葉っぱや苔に気を取られて、30分に1本のロープウェイに間に合わなさそうだったため、途中から抱っこして急な坂道を走った。
まぁまぁ涼しいのに汗だくである。

f:id:osakanit:20180721171006j:plain

なかなかの坂道を登ってロープウェイの駅へ

息子は初めてのロープウェイ。
初めて見る乗り物に不思議さを感じているようでした。
ロープウェイ『金剛山駅』までは6分。あっという間。
金剛山駅』はさらに気温は2度ほど低く、26〜27度くらい。

ハラショー、これだ!これを待ってた!

ここから坂道を10分ほど行くと、レストランとしても使えるお宿『香楠荘』があります。『香楠荘』は日帰り入浴も可。
ここで昼食タイム。
子供用のメニューもいくつかあります。
息子はお蕎麦を美味しそうに食べていました。ここのレストランは景色も良いし、涼しいし、綺麗だし、わたしのお気に入りである。

f:id:osakanit:20180721193304j:plain

レストランの隣に休憩ができる場所があり、そこのキッズスペースがなかなかの充実っぷり。こんな山の上でなぜ?
幼児なんていないので、息子は1人で遊びまくりである。
うちら山に遊びに来たんやで?

www.konanso.com

ラムネを使い、半ばむりやり息子を連れ『香楠荘』を出て、向かいの『ちはや星と自然のミュージアム』を通り過ぎ、『ピクニック広場』へ。

ここには休憩所があったり、ちょっとしたアスレチックがあったりします。
この広場にいたのは、虫取り網を持った一家一組。
あとは、登山客が何組か通るくらい。空いているどころか、ほぼ誰もいない状態。

f:id:osakanit:20180721165252j:plain

この広場はたくさんトンボが飛んでいました。
セミひぐらし
都会の「ジージー」と鳴くうるさめのセミと違い、「カナカナ」と風情があるお声で鳴いていました。

f:id:osakanit:20180721171016j:plain

旦那がつかまえた蛙


『ピクニック広場』には小高い山(丘?)があり、そこで何匹か蛙を見た。
息子、蛙に興味はあるもののちょっとビビって触れず(笑)

ひとしきり遊んだ後、16時のロープウェイに乗るため『金剛山駅』へ。
ロープウェイの駅の屋上に見晴らしの良いスペースがあり、ここでなぜか駅に売っていたスジャータのアイスを食べながら景色を眺める我ら。

f:id:osakanit:20180721195817j:plain

夏に涼しいところでいい景色を見ながらスジャータのアイスを食べる。完全にセレブ。

(そういえば、金剛山駅には授乳用・オムツ替えの場所がありました。)

息子は帰りの車の中でぐっすり。
さすがに山道は疲れるか。

息子がもう少し大きくなったら金剛山中腹にあるマス釣りなんかもしてみたいなぁと、旦那と話をしていました。

千早川

 
余談ですが、わたしが独身時代から山登りに使っていたバックパックの買い替えが決定。
ゴムの部分が加水分解でボロボロと剥がれている箇所が!
長く使っていたら仕方ないね。

f:id:osakanit:20180721171259j:plain

つぎのバックパックはどんなのを買おうか。wkwk