OSAKA'n Blog

大胆不敵で分析癖のあるENTP型ネアカポジティブヲタクウォッチャー。2歳3ヶ月(2016年7月生まれ)男子持ちエンジニア。あまり動じないタイプ。勢いと思いつきでだいたい乗り越えていきます。セカイは面白いもので溢れている!

【2歳0ヶ月】解禁して1週間。息子のプラレールの遊び方

1歳11ヶ月の頃から、息子は抱っこをねだった後(勿論甘える目的ではない)、抱っこされたと同時に体を突き放して頭を下に床に手をつき、倒立っぽいことを遊びとしてし始めました。そして、逆立ちが楽しいと思ってしまったみたい。最近
「壁使えば、親に抱っこをねだらなくても逆立ちできんじゃね?」
と思ったらしく、寝室の壁を使い布団に手をついて足を壁につけてじわじわ上げていきセルフ逆立ちを始めておりました。

親としても12kg弱の逆立ちを支えなくても良くなったのでありがたい限り(笑)
わたし自身、高校の時は器械体操部だったくらい、逆立ちしたりロンダートやバク転でくるくる回ったりするのが好きだったので気持ちはわかる。
わたしは3歳くらいから家で側転を連続5回とかしまくってたし、息子もそのうちそんなことをしだすのだろうと思っている。騒音には要注意な…。

* *  *  *  * 

さて、息子の2歳の誕生日のプレゼントのプラレール
息子が遊び始めて1週間。
手持ちのおもちゃとの相性がよくて、なかなか幅が広がっています。

f:id:osakanit:20180704215658j:plain

駅にレゴデュプロの人形を立たせて、ヒロ(きかんしゃトーマス)の3両目の貨車に乗せてみたり、レゴデュプロで門を作ってみたり。
そういや、最近はまたレゴデュプロに触る時間も多くなってきましたね。

f:id:osakanit:20180704215643j:plain

実は持っている木製トーマスの車両(木製レールは持っていない)もプラレールの幅と合っており、使えました。優秀じゃないか!さすがやで。
あとは、小さい積み木で家を作って並べて情景にしたり。

「あぶなーーーい!あー、ヒロがだっせんしちゃったよー!」
「ぴーぴーぴー、らぴーとバックしまーす!」
など、息子絶口調。息子の脳内物語も膨らんでいる様子。すんごいわざと脱線させているけどね…。アンタ「だっせん」って言いたいだけYA!

息子はレール同士や踏切の前後のレールはくっつけられるものの、まだきちんとレール設計はできないため、補助が必要。トンネルや駅の配置はやってくれます。

気に入りすぎて保育園に持っていきたくなるんじゃないかという懸念はありましたが、現在全くその素振りはなく。持ち運ぶものという認識ではないのかな。
公園やショッピングモールから帰る時に、促しで言ってみる「家でレールで遊ぼ!」という言葉はあまり効果はない。毎日プラレールを組み立てて遊んでいるんですが。まぁ、こちらの魂胆見抜かれているだけかもしんない。
好きだけれど、めちゃめちゃ入れ込むほどではないといういつもの感じにおさまっております。好き度で言うと砂場くらいか。

また遊び方も変わってくるだろうし、それが楽しみです。

osakanit.hatenablog.com