OSAKA'n Blog

大胆不敵なネアカポジティブヲタクウォッチャー。1歳11ヶ月(2016年7月生まれ)男子持ちエンジニア。あまり動じないタイプ。勢いと思いつきでだいたい乗り越えていきます。

【1歳11ヶ月】1歳(ほぼ2歳)が楽しんだUSJ

f:id:osakanit:20180603164332j:plain

ミニオンを頭にのせ、パークを闊歩する息子

全ては旦那のこの一言から。
USJでモンハンワールドのプロダクトコードをゲットしたい」
OK。とうとうこの時がきたかッ!

【事前準備】

テーマパークを楽しむからには、予習は必要。
私も鬼ではない。まだ(ぎりぎり)1歳児ということでミニオンだけで勘弁してやろう。
プライムビデオにある『怪盗グルーシリーズ』映画3本を観せ、しっかりミニオンの面白さを叩き込む。
息子、あっさりハマる。想定通り。

Webチケットは当日スマホで購入。15時から入場できるトワイライトパスが良かったが、販売していなかったので1ディスタジオパスと、モンハンのアトラクションの為、エクスプレスパス2(旦那の分のみ)を購入。

【目的】

今回の目的は

  • (主)旦那はモンハンワールドのプロダクトコードをゲット
  • (副)わたしと息子はUSJを楽しむ

この2点のみ。ハードルは低いぜ。

【当日の様子】

早めにランチを済ませ、保育園の友達と遊んだ公園から直接駅へ移動。
公園で遊んだ疲れと電車に揺れにより、ベビーカーの中でぐっすり眠る息子。
USJ到着は14時前。到着と同時に昼寝から覚める。想定通り。

最初は場所見知りを発動していた息子。さすがに人の多さにびっくりしたのか。いつもより場所見知りは長かった気がする。
ファミリーエリアの『ユニバーサル・ワンダーランド』へ行くも、(主にわたしが)子供の多さに辟易。
ゆっくり楽しめないので、パーク内を散歩に変更。

息子がUSJで楽しんでいたのは下記。

  1. メルズ前での歌とダンスのパフォーマンス『パワー・オブ・ポップ』
  2. 写真スポットの『ジョーズ
  3. 恐竜たちが闊歩する『ダイナソー・アメージング・エンカウンター』
  4. ミニオンたちがいっぱい『ミニオン・パーク』
  5. ザ・フライング・ダイナソー』と『ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド』を眺める
  6. 各ショップでお買い物

特に『パワーオブポップ』はショーが終わった後も「もっかいぃぃぃ〜」と言うくらい気に入っていた。抱っこしながら観るので親はちょっとつらたん。わたしと同じく洋楽好きなのか、息子よ。

サメ好きの息子『ジョーズ』と一緒に写真を撮りたいと言い、また、別の場所に移動しようとすると「サメさんみるの!!」と嫌がる。どんだけサメ好きだよ。

ダイナソー・アメージング・エンカウンター』は2回も観た。小型の肉食恐竜はちょっと怖かったらしいが、草食恐竜は好きなようだ。息子、恐竜が本物だと思ったかな。

ミニオン・パーク』は上の写真の通り。欲しがったミニオンカチューシャを自ら着け「グルーのおうちだ!」と楽しんでいた。あんた、帽子嫌いやなのにカチューシャはOKなんか…。

絶叫マシン系は眺めているだけなのに、息子の並々ならぬ興味と興奮を感じた。来年にUSJ行ったら、絶対「これのりたい!」と言って身長制限にひっかかり、怒るやつや…(´・ω・`)

結局、13時過ぎから19時半あたりまでがっつりUSJで過ごしました。
わたしは『ザ・フライング・ダイナソー』と『ミニオン・ハチャメチャ・ライド』以外のアトラクションは体験済みなのでアトラクション欲はもうなく。
洋画は好きなので、映画音楽がかかるパーク内を歩いているだけでとても楽しかった。子供が出来ると、こういった楽しみ方もできるんだなぁと感じた。

息子が無料の間にもう1回くらいは行きたいな。

【結論】

旦那はモンハンのプロダクトコードを無事ゲット。
1歳児も長い時間初USJを楽しんでいた。

f:id:osakanit:20180603201701j:plain

ミニオンがおうちに着いてきた

www.usj.co.jp