OSAKA'n Blog

大胆不敵なネアカポジティブヲタクウォッチャー。2歳1ヶ月(2016年7月生まれ)男子持ちエンジニア。あまり動じないタイプ。勢いと思いつきでだいたい乗り越えていきます。

【1歳10ヶ月】子連れ新潟旅行 新津鉄道資料館編

保育園でおもちゃの取り合いで腕を噛まれた息子。
家に帰って「腕ガブッてされた?痛い?」と訊くと「いたくないよ!◯◯くんがガブッてしたよ」と。保育園で秘されている情報(誰が噛んだか)を聞き出すことが可能になってしまったことに謎の成長を感じてしまったosakaです。こんばんは。

さて、新潟旅行のお話。

新潟旅行1日目。
まずは、難波からラピートに乗って関空へ。
息子は出発前のラピートの顔を見てはしゃいでいました。個人的にラピートのデザインは個性的で好きですね。

今回はピーチなので、関空の第2ターミナルから出発します。第2ターミナルまでは関西空港駅から無料バスで10分かかります。
関空11時50分発なので、ちょっと早めに10時半ごろ関空でご飯を食べることに。

これが功を奏し、新潟空港までの1時間のフライトの半分の時間を息子は寝てくれました。ハラショー。
飛行機は念の為、前が広い一番前の席を予約していました。足が伸ばせるし広くてよかったです。

13時に新潟空港に到着し、空港近くのレンタカー屋で予約していたチャイルドシート付きレンタカーをゲット。まず第1の目的地『新津鉄道資料館』へ。

www.ncnrm.com

『新津鉄道資料館』は新潟市が運営している施設です。

今のところわたしも旦那も全く鉄道に詳しくなく、息子にもあまり子鉄要素は感じられません。ですが一応男の子らしく乗り物自体は大好きです。

まず門を入ってすぐの北側の屋外展示、200系新幹線と蒸気機関車の迫力すごい。

f:id:osakanit:20180514230058j:plain

200系新幹線と蒸気機関車

で、でかい!ずっと機関車を「ヒロだ!ヒロー!」と言っていました。確かにトーマスのヒロっぽい。息子は『はやぶさ』のみを新幹線と認識しているので、これも新幹線だと知ってびっくりしたことだろう。
施設に入場し順路通り進んでいくとこの柵の中に出てこれます。

機関車の中にも入ることが可能。これはワクワクしますね。

f:id:osakanit:20180514231344j:plain

機関車の中

この新幹線と蒸気機関車は北側の屋外展示となっており、南側の屋外展示には485系電車とDD14形ディーゼル機関車があります。思っていたより敷地は広かった。

南側屋外展示の前でミニSLも運行していました。

f:id:osakanit:20180513230923j:plain

ミニSL

なかなか立派なミニSL。1回100円で直線のみの動き(帰りはバックで帰ってくる)でしたが息子にはじゅうぶん。嬉しそうに乗っていました。

屋内展示ではパンタグラフの昇降操作や電車運転シミュレータなんかもあったりして、鉄道に詳しくなくても楽しめました。

f:id:osakanit:20180514230625j:plain

電車運転シミュレータ

運転難しい…。

 

施設の2階は、広いキッズスペースの部屋と休憩室(ここも小さめのキッズスペースあり)があります。

キッズスペースの部屋にはすごく大きなプラレールレイアウトがあります。また、休憩室には鉄道模型があり、電車の模型が走るのを見ながら休憩することができる。子鉄や鉄ちゃんには最高の場所だろうな!
f:id:osakanit:20180514230612j:image

さらに、キッズスペースはプラレール触り放題。というか、プラレールしかありません(笑)
大量のレールや、トーマスのプラレールに息子大ハッスル。
ついでに妹もプラレールを組み立てるのに尽力しておりました。
妹はプラレールの面白さを知り、息子にプラレールのスターターセットを買ってくれそうな気配。やったね!


これで入館料大人300円、未就学児は無料(ついでに駐車場も無料)とかお得過ぎる。さらに人も少ないし、ほんとゆっくりできて良い。こういう場所、家の近くに欲しい。

我が家も妹も全員鉄ちゃんではないのですが、思っていたよりかなり楽しくすごせて大満足でした。

いやいや新潟あなどれない。