OSAKA'n Blog

大胆不敵なネアカポジティブヲタクウォッチャー。1歳4ヶ月男子持ちエンジニア。

習い事と幼児教育的なものについての話

設計の第1段階のレビューも終わり、結構テンション高くなってきました。
オウイエー、こんばんは。osakaです。

1歳になると周りで『ベビークモン』とか『こどもチャレンジ』とかやってる人、多くないですか?
日曜日に行った後輩の家も『こどもチャレンジ』やっていました。
あとは英語教室にも通っているみたい。

そんなこんなで息子の習い事ってどうするの的な、そんな話も旦那としたりしなかったり。
今はベビースイミングもお休みしているので、うちは特に何もしていない状態です。 

とりあえず『どういう教育をしていきたいか(習い事的な意味で)』などを考える上で、自分がどういう風に教育を受けてきたのかって重要じゃないですか?
…ってことで、ちらっと書いてみます。

 * * * 

わたしは2歳から水泳とピアノをやってました。
これらは6年間続いてました。どちらも向いていたのか上達はかなり速かったです。特に水泳は選手コース一歩手前。小2で200メートルメドレーや、バタフライなんかも楽勝でした。
同時期、2歳から4年保育の幼稚園にも通っていました。
住んでいる都道府県では英才教育で有名な幼稚園です。
また、4歳から同じ幼稚園の友達の家で外国人の先生を呼んで英語も習い始め。(幼稚園でも英語の授業はあります)
これは2年くらい続け、小学校に入ると時間的に厳しくなりやめることになります。
いわゆる知能開発の幼児教室にも通っていました。
小学3年になると親の一存で、某有名進学塾に飛び級で入り、ひたすら勉強一本。中学まで塾は飛び級でした。

ここまで見ていたら分かる通り、うちの母は…教育ママ!ってやつですね。

わたしには年子の妹がいるのですが、同じように教育されていたものの、本人のやる気の問題もあり、母は妹にはわたしほど勉強を強制しなくなりました。

 * * * 

母親がわたしにした教育を息子にしたいかというと、それは全くそうは思いません。

小学校3年の時、あることがきっかけで
「親って完璧じゃないんだ。親の言う事を聞いていたらダメになる」
と思い始めるのですが、それはまた別のお話。

 

話は少し脱線しましたが、結局、幼児期にどういう習い事をさせたいのかですよね。

  • 水泳
  • 英語

…めっちゃフツー!!!

ひとまず、無難に最初はこれに落ち着くのかなと。(旦那とも意識合わせ済み)
まずはね、うちはがっちり共働きなもんで、そんなに時間割けないんですよ。
通信教育系はめんどくさいからやらん。

もちろん習い事は適宜、状況を見ながら取捨選択していきます。

習い事なんて、子供がしたいもの、親がさせたいものをしたらええんや!!

わたしが受けた早期幼児教育的なものについてですが、わたしはかんなり向いていました。ってことは、息子に早期幼児教育的な習い事をさせるのかですが、させないと思う。これに関してはまたの機会に。(書きたいことが多い)

つーか、なんといっても、わたしはいわゆる早期幼児教育を受けた身。
ある意味ノウハウがしっかり叩き込まれているわけで…。メリットもデメリットも理解できていると思う。
あれはやって良かったな的なものに関しては、適宜状況み見つつたぶんやるんじゃないかなぁ。

もちろん、テキトーに自分で(笑)