OSAKA'n Blog

大胆不敵なネアカポジティブヲタクウォッチャー。1歳5ヶ月男子持ちエンジニア。

【生後9ヶ月】保育園の連絡簿は楽しみ

先週末、たまたまEテレつけてたら『きかんしゃトーマス』やってたんですよ。
テレビをつけたまま息子にご飯を食べさせていたところ、息子の顔がみるみる泣きそうに…。
息子は普段あまり泣かないので見たことないような表情に「えっ?!どうした?!」となってしまった。
もしかして、とテレビを消してみたら顔が戻る。
息子に嫌いなものができた。

そう、トーマス!お前だ!!(笑)

www.nhk.or.jp

保育園に迎えに行くと、0歳ルームにはだいたい息子ともう一人の男の子のみ。
だいたい担任の若い先生か、ベテランのおばちゃん先生が残っていることが多い。
昨日と今日はベテランのおばちゃん先生だった
今日は帰ろうとしたら

「【息子】ちゃん、ほんっとにかしこいですよね!!」

と声をかけられた。

「すごくよく笑うし、ご飯もよく食べるし!」

【かしこい=手のかからない子】ということのようだ。あぁ、それなら理解できる。つい「うーん、かしこいですかね?」とマジレスしそうになった。

「そうですね、ありがたいことに」
と言ったが、正直、息子のこの育てやすさが共有できてちょっと嬉しかったかも。あまり誰とも共有していない思いだったもので。

帰って連絡簿見てみたら、今日は保育園で英語教室があったらしく、外国人の男の先生を見ても泣かず、最後はハイタッチまでしてたそうな。
ここの保育園は、2歳くらいから月に何度か英語教室や体操教室を選択できるシステムになっている。

たまたま先生が0歳ルームに顔を出して、阿鼻叫喚になったんだだろうか(笑)

保育園の連絡簿を見るのが最近の楽しみである。