OSAKA'n Blog

大胆不敵なネアカヲタクウォッチャー。決して諦めないナオン。生後11ヶ月男子持ちエンジニア。仕事復帰しました!

【生後8ヶ月】赤ちゃん連れ台湾旅行 関空から出発編

f:id:osakanit:20170320212315p:plain

最近、息子は「おかあさん」だけでなく、「おとうさん」も言い始めました。
正確には「おたーたん」と「おとーたん」。
旦那は「おとーたん」と呼ばれると嬉しそう。わたしの口癖「よいしょ」もマネするのですが「よいちょよいちょ」がなかなか趣深い。

本題、今回の台湾旅行。

金曜のお昼に関空からタイガーエアで出発。日曜の昼にジェットスターで台湾を出発し、夕方日本へ帰ってくる2泊3日。
しかも、月曜は祝日でゆっくり休める無理しないスケジュールです。
メンバーは、わたし、旦那、息子(生後8ヶ月)、妹の4人。 

なるだけ電車に乗っている時間を少なくするため、関空まではなんば駅から30分で着くラピートを使いました。

関空に到着したらレンタルwifiを受け取り、妹と合流。チェックイン。

保安検査は職員の方に呼ばれ、行列から抜け優先で前へ。待ち時間ほぼゼロで行列を避けられました。(赤ちゃん連れに優しい!)

液体の持ち込み制限がありますが、息子はまだ乳児の為、調乳用の水や水筒(お湯)、離乳食、麦茶を入れたマグ、ミルク、おやつを機内に持ち込みます。
保安検査場では、その旨の説明を行い中身のチェックが行われます。特にチェックにはひっかからず。

出国審査後、上の写真のキッズスペースで息子を遊ばせつつタリーズ飲みながら休憩。
大きな滑り台もあり息子も気に入った様子。
f:id:osakanit:20170320212242j:plain
テンションMAXで高ばいもスピードアップ(笑)階段もなんのその。

赤ちゃん連れは優先搭乗がありますが、席に着いてから待つ時間を短くした方が良いかなと思い、ぎりぎりまでキッズスペースで遊ばせてから搭乗しました。

続く(はず)