OSAKA'n Blog

大胆不敵なネアカポジティブヲタクウォッチャー。1歳3ヶ月男子持ちエンジニア。

わたしの出産まとめ

わたしの出産について
そろそろ忘れそうなのでまとめておこうかと。
思ったことはこれ一つだけ…

 

分娩楽勝。陣痛がヤバい。

※個人の感想です

 

最初に言っておきます。安産です。
分娩台上がって30分以内で産みました。
たぶん、二人目同じ条件で産むとなったら15分で産める自信ある。

 

予定日2日前の朝方に高位破水。
自分では破水かどうか怪しかったので病院に電話した。
看護師さん「破水かはわからないですけど、入院セット持って来てもらえます?」
寝ていた旦那を起こして病院へ。

検査してもらった結果…

 

ビンゴ!

 

子宮口はまだ1cmほどしか開いておらず。陣痛もなし。血圧高め。
ということで2日ほどかけてゆっくり陣痛をおこして出産という予定でいくことに。
昼過ぎから陣痛誘発剤の錠剤を1時間おきに1粒飲んでいく。
徐々に徐々に陣痛間隔が狭まり、夜8時頃に5分おきの陣痛へ。

 

は?なにこれ無理無理無理無理!!!

 

元々吐きやすいタイプのわたしはトイレに駆け込み
オロロロローーーン

 

つわりでも吐かなかったのに!!(笑)

 

妊娠してから初嘔吐である(笑)
何度かナースコール押して

 

「マジ無理っす」

 

と言おうと思ったことか。
つわりで吐くこともない、楽勝な妊婦生活を送りすぎたわたしには辛すぎた。
腰にくるとかよく聞くけれど、痛みかどうかもわからない。とりあえず辛いのは確か!
看護師さんに「お腹にきたらナースコールして」と言われ

 

お腹にくるってなんだよ!!!

 

と思っていると、午後12時頃

お腹にきた。
マジできた。
すんごい猛烈な排泄欲きた

 

ナースコールをぽちっとな。

 

「りきみたいんですけど、りきんでいい???」

 

看護師さんは「お腹にきた?!りきんじゃダメ!!」と拒否。
分娩室へ連行される。

そこからは子宮口が開ききるまで『いきみ逃し』。

これがまたヤバい。
出したいのに我慢しろってなんだよ、さっさと開けよ子宮口!
と憤っていると、旦那が分娩室へ入ってきた。

旦那も長い付き合いで一目見てわかってたようだ。
この状況でわたしに「がんばれ!」とか「背中さすろうか?」と言ったら

 

「うるさい!」

 

となるのを…。

わたしの性格上、何もしないことが最善の策だということを。
さすがやで、旦那。

それからアラート音がなり
看護師さん「子宮口全開!分娩台へ!」

やっほーーーーい!だすぜー!!

と浮かれたら

「旦那さんは立会い希望ですか?」

立会いするかどうかは決めていなかった。

そう、今決めた。二人とも同じ答えだった。

 

「なぜ、立会いが必要なのか」

   ↓

「旦那(俺)が立ち会って何かできるのか」

   ↓

「Noだ!つまり…」

   ↓

わたし&旦那「立会いしません」

 

さすがロジカルシンキングに定評があるエンジニア。
旦那、あの時の君の判断は正しかった。

分娩台へ上がると、

看護師さん「あれ?全開じゃない。…いや、いけるか!!!」

そこからは怒涛のいきみである。
ダメって言われてもいきんじゃうもんねー。

ふーんふーんふーん(ry

で午前2時、3600g超えの赤子がおぎゃーとすんなり出てきたのである。

 

めでたしめでたし。