OSAKA'n Blog

大胆不敵で分析癖のあるENTP型ネアカポジティブヲタクウォッチャー。2016年7月生まれ男子持ちエンジニア。あまり動じないタイプ。関西圏に生息中。

【2歳10ヶ月】生き物好きな息子が観るTV番組5つ(&番外編2つ)

f:id:osakanit:20190522015123j:image

寝る前に壁倒立をしていた息子。
「そのまま前転してみて」
というと、くるん。
それからというもの、自ら壁倒立からの前転にハマり毎晩寝る前にやっております。
体の軸がしっかりしてきているなと思うことが多い今日このごろ。元体操部osakaです。

息子は現在動物や魚や恐竜にハマっています。
そんな息子が観ているTV番組や映像作品を紹介していこうと思います。

* * * * *

■1:【緊急SOS池の水ぜんぶ抜く大作戦】

www.tv-tokyo.co.jp

最近息子お気に入りになった、テレビ東京のドキュメントバラエティ番組。
録画まではしていませんが、放映の時間にTVをつけていると観ています。
やはり、何が出てくるかわからないところにワクワクするんでしょうか。
「なんでがいらいしゅ外来種)が全部食べちゃうのー?」
「ゴミがいっぱいだよ。誰が捨てちゃったのかなぁ?」
など息子が訊いてきたりと、外来種の問題だけでなくゴミの問題などを話す良い機会になっています。ゴミはちゃんとゴミ箱に捨てよう。

* * *

■2:【ダーウィンが来た!】

www.nhk.or.jp

これも最近観ています。NHKの動物番組。
たまに録画しています。
最近観たのは『世界での奈良だけ!野生のシカ 古都に生きる』特集。
親とはぐれてしまった子鹿がカラスに襲われて死んでしまっていた場面では
「かわいそうだね…。なんで?なんで死んでしまったんだろう」
など、2歳児なりに色々思った様子。
わたしはというと「また奈良公園に行こう」と思いました。
後述する『地球ドラマチック』よりライトな感じ。30分番組だしさくっと観れるのが嬉しい。

* * *

■3:【地球ドラマチック
www4.nhk.or.jp

Eテレで放送されているドキュメンタリー番組。
海外のドキュメンタリー番組を日本語に吹き替えて編集し放送しています。
こちらも息子が好きそうなテーマの時に適宜録画するスタイル。
息子はこの番組の『動物たちの24時間 サバンナ編』が好きで、アフリカの動物に対する知見を広げるきっかけとなりました。
最近放送された『ウサギの世界』は息子的にイマイチだったらしい。やっぱり可愛いよりカッコイイが好きなのかも。

* * *

■4:【なりきり!むーにゃん生き物学園】

www4.nhk.or.jp

Eテレの自然環境の教育番組。
1〜3までは子供向けではありませんが、こちらは子供向け。
毎週土曜の朝に観ています。
動物好きが顕著になってきた頃からより好きになった番組。ブログ内検索してみると1歳9ヶ月あたりから観ているみたいです。当時はこんなに生き物を好きになるとは思わなかった。
保育士さんいわく息子は「動物や恐竜の動きを真似のクオリティが高い」らしいがこの番組のせいかも?知らんけど。

* * *

■5:【ミミクリーズ

www.nhk.or.jp

Eテレの子供向け教育番組。自然界の「似ているもの」探しがテーマ。
こちらも毎週土曜の朝に観ています。
生き物だけでなく植物なども出てくるんですが、生き物好きになる前からお気に入りの番組。こちらも1歳9ヶ月あたりから観ているみたいです。
よく「これとこれは似ているね」と教えてくれるのはこの番組の影響か。知らんけど。

* * * * *

番外編として、息子が最近興味深く観たAmazonプライム・ビデオを2つ紹介。
どちらも息子が「これを観たい」と選んだ作品です。
どっちもネコ科の動物ですね。息子の興味はやっぱりネコ科なのか。

■番外編1:【インドに生きるベンガルトラ

www.amazon.co.jp

インドのランタンボール国立公園に住むメスのベンガルトラ『マッチェリ』の生き方を描いたドキュメンタリー。
トラの世代交代や生き方を見て、自分の人生について考えさせられます。
『マッチェリ』の生き方はかっこいい。
トラといえばアムールトラしか知らなかった息子。初めてベンガルトラを知った作品です。息子がトラ好きなのはこのせいなのかな。

「インドはトーマスで言うとアシマがいる国だよ」
と教えておきました。トーマス便利!!!(笑)

* * *

■番外編2:【世界初 ジャガーを野生に帰せるか】

www.amazon.co.jp

人間の家畜を襲う害をなす動物として殺されるなどして、絶滅に瀕しているジャガーの子どもたちを野生に帰そうと奮闘する動物生態学者の家族の物語です。
野生に帰す活動の難しさを描いています。
息子はジャガーが大好き。
これを観てどう思ったのかは分かりませんが、最近「絶滅した動物」「絶滅に瀕している動物」に興味があり、好きなジャガーが絶滅に瀕していることを知った様子。

こないだ何かの拍子に動物の絶滅について(その時は「クジラって食べるの?」みたいな話を。わたしは食べたことあります)息子に訊かれたんだけれど、野生動物の保護の観点については答えづらかったんだよね。今のうちにデータとか調べておくべきかな…。
本音は矛盾する話を用意し「自分で考えろ」と言いたい(笑)ま、言うんだけれど。

 * * * * *

いやぁ、色々観ていますね。
生き物好きって色々学べるなぁ。親も勉強になります。

【2歳10ヶ月】息子、GWにコミュ力向上し苦手を克服した話

f:id:osakanit:20190519143653j:image

GW明けてからの息子の変化について。

息子は先月、同じクラスの女の子Aちゃんを苦手としている素振りを見せていました。
女の子Aちゃんは息子が登園する時間と同じくらいに登園するため、わたしが唯一よく見かける子です。

Aちゃんは人懐っこくいつもニコニコしているお喋りでかわいい女の子。
パーソナルスペースがゼロ距離!って感じでガッっと近づいてくるので息子はそこを苦手としているようでした。
息子もAちゃんと似ていて人見知りがあまりなく人懐っこい共通点はあるんですが、パーソナルスペースはザ・日本人
もしかしたら女性より男性の方がパーソナルスペースが広いのでその違いかもしれない。

「女の子っていじわるだから好きじゃない」
なんて言葉も聞くように。見抜くの早すぎ問題。2歳にして女嫌いですか。(いじわるだと思った理由も訊いたけれど真偽の程は定かではない。そりゃそういう面誰しもあろう。ましてやまだ幼児)
そのせいか息子は女の子より男の子たちと遊ぶことを好んでいました。

旦那が保育園に送りに行った日
「登園したときAちゃんが近づいてきて『【息子の名前】ちゃーん!恐竜ごっこしよー!』と言ってきたのに【息子の名前】はスルーしてた(笑)」
と言ってたことも。

息子の性格的にも見てて分かる気がするんですよね。
「いや、今はそんな気分じゃないんだけれど。あとちょっと近すぎ」
的な。その後もちょくちょくそういった対応が見られました。

GW後のある日、わたしが保育園に送りに行ったときのこと。
 Aちゃん「ねー【息子の名前】ちゃん!恐竜ごっこしよー」
と近づいてきたAちゃん。

走り出してAちゃんから離れ、教室のカーテンの影に隠れだす息子。
やっぱり苦手なのかなーと思っていると

 息子「【息子の名前】ちゃんはどーこだ!」

息子からAちゃんに「かくれんぼしよう」という提案?!初めてみた!
距離もとれるし一石二鳥や・笑。

Aちゃんも恐竜ごっこをやりたいというより、息子と遊びたいという意だったようで楽しそうにキャッキャ遊んでいました。息子に寄せてくれているのかは不明ですが、息子が好きな恐竜ごっこを提案してくれる女子なんて貴重じゃないか。
自分が心地よい距離感を調整すれば楽しく遊べるってこと。

それ以降、保育園の帰りに誰と遊んだか訊くと
「Bくんとー、Cくんとー、Dくんとー、Eくんとー、Aちゃんと一緒に追いかけっこしたの」
と名前が入ることも出てきました。
苦手意識がなくなってきているのを感じる!!

GWでは義実家で(息子から見て)イトコとイトコの友達とすごく楽しく遊んでいたんですよね。イトコの友達の面倒見良すぎなんだけれど。
家でも今までは1人で遊ぶことを好んでいたのが「お母さん、お父さん、一緒に遊ぼう」とよく誘ってくるようになりました。GWにコミュニケーションの楽しさを学んだんだろう。

これからの人生人間関係で色々あるかもしれないけれど、色んな人達を見て学んでコミュ力を向上させていって欲しい。 

f:id:osakanit:20190519143706j:plain

息子は走るのが好きなのか追いかけっこが好きな様子。



【2歳10ヶ月】須磨海浜水族園へ行ってきた(2回目)

f:id:osakanit:20190518201648j:plain

須磨海浜水族園へ行ってきました。再訪です。
「須磨」でブログ内検索すると1歳8ヶ月の記事がでてきました。前回は1年前か。

osakanit.hatenablog.com

子供って年齢がちょっと変わると遊び方も、興味も、知識も変わって、できることも変わってくるじゃないですか。
同じところへ行っても、興味の対象や反応に変化があって面白い。

息子は水族館や動物園へ行くと毎回興味の対象が変わっており、親は「え?そんなに○○好きやったっけ?」とよく言っています。
ちなみにこの日は「ワニ」がブームだったようで、ずっとワニ、ワニ言っていました。
ちなみに前回GWに行った越前松前水族館では、カエルに異常に反応していました。

一体何が好きなんだい。

今回は、前回との違いをベースに書いていこうと思います。

f:id:osakanit:20190518202151j:plain

* * * * *

ゴマフアザラシタッチ体験

1人200円。幼児は親付き添い必須のため2人分かかります。
たまたま通りがかった時に息子がやりたがり。チケットは買っていなかったんですがその場でお金を払っていけました。丸みがあって手触りはよかったです。濡れたミンクの毛皮感ありました。よーしらんけど。
そういや、丁度こないだゴマフアザラシを覚えたんだよね。タイムリー。

* * * * *

■イルカショー

前回はなぜか観なかったイルカショー。
スマスイでは、イルカ6頭でショーが行われていました。
小さめのプールながらとても迫力があり、音楽にのせたジャンプのタイミングばっちりでよく調教されています。面白くてこのイルカショーは2回観ました。
息子は「ハンドウイルカだけ?カマイルカはいないの?」と訊いていました。イルカショーではハンドウイルカよりカマイルカを見る機会が少ないので疑問に思ったのかも。
後で調べてみよう。

* * * * *

■骨格を見る

恐竜にハマったことの影響の1つに『骨格』に興味が出たことがある。
ここはシャチの骨格や、マッコウクジラの下顎の骨格の展示があり、何回も見ていました。シャチでさえ大きいなと思ったのに、マッコウクジラの顎デカすぎやろ。「ぼくこんなの見たことなーい!」と言っていました。これ、息子の最近の口癖。
保育士さんも連絡簿に書いていたけれど、息子はなかなかマニアックなところがある。骨か。

f:id:osakanit:20190518172523j:plain

* * * * *

■図書コーナー

本館の「悠ちゃんコスモス」の端に小さな図書スペースがあり、そこで本を読み出す息子。そろそろ館外に出たいなぁと思っていたところに罠がありました。どこでそんなに本好きになったのかよく分からんが図書コーナーは鬼門にもなりうる。
見ている本は『恐竜世界のサバイバル』。漫画に興味が出てきた?読み方わかってんのかな。最近は『おしりたんてい』にも興味が出てきたようです。あの本もちょっと漫画的だよね。1冊買おうかな。
水族館でも恐竜好き溢れていますね。はい。

恐竜世界のサバイバル1 (かがくるBOOK 科学漫画サバイバルシリーズ)

恐竜世界のサバイバル1 (かがくるBOOK 科学漫画サバイバルシリーズ)

 

 

f:id:osakanit:20190518202536j:plain

■海!!!

須磨海浜水族園の南出口を出ると海!
息子は海を見たことはあれど入ったことはない。
まだ水は冷たい海でしたが、自ら靴を脱いで波の感触にきゃっきゃしておりました。
ズボンびしょびしょ。もちろん替えはあるので無問題。
クラゲが結構いましたね。

最近ちょくちょく「海に行きたいなー」と思っていたので海に来れて良かったです。

* * * * *

興味と知識があると水族館も動物園ってかなり楽しめるんですよね。息子の反応をみているとそう思う。ここ数ヶ月で一気に生き物の知識が蓄積された。
わたしが子供の頃と比べると、わたしはかなり流し見をしていたんだなぁと思う。

わたしは小さい頃何に興味があったんだろう?植物とかかな。そこらへんの知識はまだ負けない(๑•̀ㅁ•́๑)✧

【2歳10ヶ月】3歳の誕生日プレゼントを考える アニア編

f:id:osakanit:20190516031330j:plain

こんばんは、osakaです。

もう5月も半ば。息子の誕生日もすぐそこ!
ということで、そろそろ息子の誕生日プレゼントについて考えていこうと思います。

最有力候補はやはりコレでしょう。
動物フィギュア「アニア」!!!
動物、恐竜好きな息子の中で今めちゃくちゃ熱い存在となっております。

www.takaratomy.co.jp

「アニア」って女の子より男の子の方が好きなイメージがありません?
今知ったんですが、6月27日に女の子向けのアニアのペットシリーズ「アニアフレンズ」が出るそうな。
(なんか名前がレゴフレンズみたいだな…。なんで女子向けってフレンズって付けがちなの?)

youtu.be
犬と猫のフィギュアとそれぞれ小物がセットになっているものが6種類ずつ。
さらに、そのフィギュアや小物で遊べる家が出るようです。

takaratomymall.jp

takaratomymall.jp

こういう箱庭系玩具はついつい欲しくなっちゃうんですよね。わたしが。
息子はペットショップが好きで、犬や猫を飼いたがってるので悪くはないかも。
6月27日に出るってなると、息子の誕生日にギリ間に合っちゃうぜ。

で、本命のプレゼント候補はこちら。

【探検しよう!恐竜アドベンチャー
youtu.be

我が家にはアニアは2個くらいしかありませんが立体図鑑の動物・恐竜フィギュアがあります。
なので、プレイセットは1つくらい欲しい。
しかし、息子はプレイセットよりフィギュアが欲しいのではないかという懸念が…。

クリスマスプレゼントの「ミッキガレージ」は月に1回ほどしか出して遊んでいません。トミカはテーブルや床やお風呂で遊ぶことが多い。シチュエーションはそれほど重要ではないのかな。
要る?ほんとに大型プレイセット要る?!

しかし、義実家宅では毎日プレイセットを出して遊んでいたので、ただプレゼントのチョイスを間違っただけなのかもしれない。
「ミッキーガレージ」は息子的にフィールドが狭かった。息子の遊び的には、もっと自由度が高い方を好んでいるような気も。

次はその点を考慮しつつ選んでいけたら。

リサーチしたところ、息子は今シマウマのアニアが欲しいそうです。
あと、3歳になったら王子動物園に行ってカーメリーゴーランドの青い車に一人で乗るらしい。(カーメリーゴーランドの車は3歳からしか乗れずに泣いた経験あり)

もう誕プレそれでいいやん(笑)

【2歳10ヶ月】息子の近況。間違い探しと情報獲得の話

f:id:osakanit:20190512203739j:plain

こんばんは、osakaです。
息子関連のチラ裏メモ書き的なやつを。

* * * * *

■間違い探し
こないだ迷路をやり始めた息子ですが。
その後も気が向いたら少し迷路をしたりしています。
osakanit.hatenablog.com
実は、息子が最初に興味をもった『恐竜! めいろあそび』の本と同じ「あそびの本シリーズ」には、間違い探しの本がありまして。
「息子が食いついていた本だし、一緒に買っておくかー」
と『恐竜大集合!まちがいさがし』という本を迷路と一緒に買っておきました↓

恐竜大集合!  まちがいさがし (あそびの本シリーズ)

恐竜大集合! まちがいさがし (あそびの本シリーズ)

 

息子が昨日
「これ読んでー」
とわたしにこの本を持ってきたので(迷路の時と同じ流れだな…)
「これは右の絵と左の絵で違うところを見つけるんだよ」
と教えてあげました。

すると、「うーん。これとー、これとー…」と違いを3つ連続で指差し始めた。
幼児用のドリルなどをしなくても理解できんだなって意外でした。(言ってもこの本は子供用で難しいものではない)

間違い探しは大人でもなかなかおもしろい。ちょっとした気分転換にオヌヌメ

* * * * *

■知識の広がり

数日前に「魚」の図鑑を購入しました。
「恐竜」「動物」に続いて小学館の図鑑3冊目。

www.shogakukan.co.jp

息子はこの図鑑で深海魚に興味を示し始めました。
特に好きなのは、リュウグウノツカイミツクリザメ
DVDでミツクリザメが餌を食べる時に顔が変形して不気味な顔になるんですが、その場面が大のお気に入り。
ゲラゲラ笑って何度もリピっています。まぁ深海魚が面白いのはわかるけれど笑いすぎじゃなかろうか。まじホラー。

子供って何かに興味を持つと、一気に色んなことを覚え理解しだしますよね。

息子を例に挙げると。 動物を知り、その動物がどこに住んでいるかで「国」や「大陸」の存在を知る。
オーストラリアにはカンガルー、中国にはパンダ、日本にはニホンザルアメリカにはジャガー、南極にはペンギン、北極にはホッキョクグマが住んでいることを理解する。
そこから【世界】という概念を獲得し、さらに自分が世界の中の【日本】という国に住んでいることを認識する。
また、恐竜を知ることで、恐竜が絶滅した理由から自分が住んでいる【地球】の存在を知る。

ここまできたら知識は【宇宙】に繋がる気がしてならない。

正直、恐竜や動物にハマって国や地球の理解まで進むと思わなんだ。生き物から宇宙へ繋がる線ってエモいな!!

概念を理解することって大事だと思っているのです。概念を掴むということは、知識の点が線でスムーズに繋ぎやすい状態になるということ。使える知識になる。使える知識とは、応用できる可能性がある知識という意味です。

やり方だけ知っているけれどバックグラウンドが分からなくてなんだか掴めていない仕事って、進めても改善や応用ができないじゃないですか?本や図鑑だけでなく、他のメディアや実体験での情報を加えることで情報同士を繋げる速度が加速するんじゃないかと息子を見ていて思うのです。

※育児本とか幼児教育本とか読まないのでテキトーなこと言っます。生暖かい目でスルー推奨(笑)

情報を扱う職種なので余計そう思うのかもしれないんですけど、この情報社会においては自分自身で情報を獲得していき、必要な情報を処理することの重要性って高いなと感じています。
だから息子には自分から情報を獲得し、その情報を分析し適切に処理するスキルを身に着けてほしい。

そして。「全ては繋がっているんだ」「世界はこんなに面白いんだ」と思えるようになったら最高。

ちょっと話は逸れますが、新しいトーマスが放映されています。
今回のトーマスは世界を意識させる内容となっていて、どこの国にどの動物がいるという情報が入っているため、息子が保持する知識の補強になっているんですよ。
メディアもうまく使うのが今の時代なんだろう。

【極私的】2歳児子持ちが選ぶ「最近気になる邦楽女性アーティスト」4選【Youtube】

f:id:osakanit:20190505164630j:plain

(写真は完全ににぎやかしです)

こんにちは、osakaです。たまに書きたくなる音楽ネタです。

※邦楽女性アーティストとか書いていますが、混成バンド含みます。

いやぁ、最近めっきりYoutubeでの曲探しをしていませんでした!
なんだかんだ仕事が忙しく精神的に余裕がなかったことが原因の一つですが、それよりクリティカルな原因はもう一つありまして。

実はYoutubeチャンネル登録チョイスをミスってしまいました!!!

数ヶ月前に外国のTV番組のチャンネルなどを複数登録したんです。すると、大量に新着が上がってきてしまい新しい音楽情報が抽出しにくくなったんです。
なのでさっくり幾つかチャンネル登録を削除。ちょい整理してスッキリ!

んでYoutubeをちょこっと漁っていたところ、いくつかのJ-POPにビビッときたんですよ。なのでいくつか共有したい。

わたしは小さい頃から洋楽クラスタ寄りですがサブカルウォッチャーでもあったので(完全に過去形)、邦楽もといJ-POPの独自性というものを大変評価しています。J-POPって懐が深くて興味深い存在なんです。洋楽ばっか聴いてるわたしが言うのもなんですが。

子育てしているからか、余裕がないからか、歳だからかは分からんのですが、最近はなかなかサブカルウォッチや新曲ウォッチから遠ざかっています。でも、できる限りアンテナは張っていたい。

挙げる曲はしっかりJ-POPの良さを感じる曲ばかりです。
ただし、わたしの好みが存分に入っているためエモい成分多めか。
邦楽男性アーティストも気になる方々が多かったので、今回は女性アーティストしばりにしました。
暇つぶし気分転換にどうぞ。

* * * * *

PassCode - Ray】

youtu.be

アイドル×EDM×スクリーム(叫び)。
「ラウド系アイドル」というカテゴリにあたります。最近はこのカテゴリのアイドルちょくちょく見かけます。BABYMETALの系譜の派生ですかね。J-POPの寛容さを感じるスタイル。
わたしは洋楽エモ好きだったのでたまにスクリーモも聴いていました。しかし、スクリーモはそこまで好みのジャンルではないんですよ。やっぱりスクリームが気になる。ですが、この曲を聴いて「アイドル曲にスクリームってこんなにしっくりくるのか!」とびっくり。
すごく聞きやすくい。
日本でしかありえない感があるので海外受けも良さそう。
つーか、よくこんなシャウトできるなと感心する。

* * * * *

【ZOC- family name】

youtu.be

シンガーソングライター大森靖子率いるアイドルグループ。
煙草を吸うメンバーや少年院上がりのメンバーがいてるのがビビッドすぎる。
個性的でなかなかの曲者ぞろいなのがわかるビジュアルにもかかわらず、がっつりアイドル曲やっていてコレが良い。歌詞はめっちゃ強いのは、バックグラウンドがあるからですね。アイドルソングとしてクオリティ高い。
はみ出し者とアイドルって親和性高い。

 * * * * * 

【The Winking Owl - Open Up My Heart】

youtu.be

流暢な英語が聴こえてきますが、曲と歌詞ののっけ方はしっかりJ-POPです。
男女混成ロックバンド。
ボーカルのLuizaは群馬出身でルーマニアと日本のハーフだそうな。ピンと張った透明感のある良い声しています。
元々洋エモが好きだったので疾走感のあるエモい曲は個人的に馴染みやすいです。
このご時世、洋楽に寄せていかないのは評価したい。

* * * * *

yonige -アボカド】

youtu.be

大阪府出身の女性2人組ロックバンド。
こちらのボーカルはオーストラリアと日本のハーフ。
ですが、この情報は不要なくらい海外要素ない音楽です(笑)
アンニュイ感あるポップロックに女性らしい歌詞と可愛くてゆるめな歌声がのります。
個性的な歌詞で面白い。女性ウケ高いと思う。
わたしはポップロックがそんなに得意ではないんですが、これはあり。

【2歳10ヶ月】ヨーデルの森(@兵庫県神崎郡)へ行ってきた

f:id:osakanit:20190506164356j:plain

スニーカーのまま園内を流れる川をずんずん上っていく息子

GW明け。息子は特に何事もなく平然と保育園へ通い始めました。わたしもすぐに平常モードとなり一安心。
息子は感情のコントロール的な所の成長が一段階進んだ気がします。

さてGW真っ只中に、兵庫県神崎郡にある『ヨーデルの森』へ行ってきました。
ここは動物と触れ合えたり、芝すべりができたり、川遊びができたり、BBQができたりする農業公園です。

www.yodel-forest.jp

アルパカやカピバラ、犬、猫、馬、羊、ダチョウ、ヤギ、鷹なんかは農業公園や観光牧場でよく見かけるじゃないですか。
ここはなんとアザラシやペンギンなんかもいます。珍しくない?

f:id:osakanit:20190508062919j:plain

僕この子を指名するよ(違)

息子は最近、犬のお散歩をしている人を見かけると触りたいそぶりを見せ
「ぼくも犬が欲しいなー」
と言い出します。
そんな息子が犬のふれあいをやりたがらないことはなく。

犬のふれあいは10分入れ替え制だったんですが、GWともあってなかなかの行列ができていました。2ターン待ったので20分待ち。しっかり待ってくれました。やるやないか。

f:id:osakanit:20190506152529j:plain

息子は色んな犬種のワンコたちをなでなでしておりました。
ここのワンコたちは大人しくてお利口さん。10分なんてあっという間ですね。

他には、ダチョウにも餌をあげることができます。これは、息子じゃなくわたしがやりました。やりたがりなんでな(笑)いやぁ、だってダチョウに餌をあげるの初めてだったもんで。息子は初めて間近に見たダチョウに少々ビビっていました。
「首が長いからちょっと怖い」
らしい。君が好きなブラキオサウルスやディプロドクスの方がもっと首長いで。あと、鳥の祖先は恐竜やで!

f:id:osakanit:20190506165614j:plain

ヨーデルの森は、園内に自然の川が流れており、その川を利用したじゃぶじゃぶ池や魚釣り、アクアボール(ボールの中に入って水に浮かぶ)なんかで遊べたりもします。水かさは少ない。

まさか川遊びができるとは思わなかったので、水着やアクアシューズを持ってこなかったんですよね。でも、靴を含め着替え一式は持ってきていたので川に入ることは許可!

最初息子は裸足で川に入っていたんですが、途中でスニーカーを履いて再突入。一緒に入っていた旦那が「ぎゃー、水が冷たい」と言っていたので、息子も足が冷たかったか?

息子的には初めての川遊び。楽しかったようで、旦那とずんずん上流へ進んでいっていました。

f:id:osakanit:20190505210822j:plain

メロンを凍らせたメロン棒がデカい!実は息子初メロン。

この日は暑かったので、帽子を持ってくるべきでした。

レストランや売店もありますが、大型連休は混むので簡易テントを持ってきてお弁当を持ち込みがおすすめ。お弁当も売っていましたよ。
トンビが上から狙っていたので、ひらけた川沿いの芝生あたりで食べ物を持っている人は上方注意ですね!

ヨーデルの森は、川遊びや水遊びが充実している場所でした。もうちょっと暑くなったらもう一度来たいな。
次は水着もちゃんと持ってくるぞ!

 

子連れのお出かけ関連記事はこちら↓
osakanit.hatenablog.com