OSAKA'n Blog

大胆不敵で分析癖のあるENTP型ネアカポジティブヲタクウォッチャー。2016年7月生まれ男子持ちエンジニア。あまり動じないタイプ。関西圏に生息中。

【2歳8ヶ月】息子が本当に欲しかったもの

f:id:osakanit:20190317084404j:plain

雨上がりの砂場でハッスルする息子

先日、突然
「ねぇお母さん。ぼく、欲しいものがあるの」
と言い出した息子。

息子は、おもちゃ屋へ行っても「欲しい!」となるにはなかなかハードルが高いようで、楽しく遊んでいる時に「これ欲しいの?」と訊いても「いらない」と言われることが多い。「これ買う!欲しい!」とアピールすることは稀。

その場で「欲しい」と思っても家へ帰ると欲しかったことさえ忘れているのか特にそういった話もなく、そこまで欲しかったものでもないのかなと感じていました。

ある日公園へ行った時、砂場で遊んでいた男の子がもっていたアイスクリームコーンの砂場遊び道具。
それを見た途端、息子の目は釘付け。

「いらっしゃいませー。何にしますかー?」
ブルーベリーアイスとバナナアイスがありますよ!」
「おまたせしましたー。ひゃくえんです」
と家ではよくアイスクリーム屋の店員さんになりきってごっこ遊びをしています。

親の目からしても、そのコーンのおもちゃで遊びたいオーラがプンプンしていました。
しかし、そこでは一緒に遊ぶということはせずチラチラ横目で見ながら遊んで家へ帰りました。

その数日後、この「欲しいものがある」という突然の吐露である。
言われたときは、「なんだ?カーズのトミカか?」と何が欲しいのか全くピンときていなかったのですが「アイスクリームのおもちゃ」と言われ、こないだの砂遊びを思い出して納得。

本当に欲しかったものが、好きな車でもなく砂遊び道具なのはなんか息子らしいなと。
息子の「欲しい!」という気持ちが伝わったのでネットでこっそり買ってあげました。わたしが小さい頃欲しかった砂ふるいと一緒に。車だったら家にたくさんあるしきっと買わなかったと思う。

ある意味初めてのおねだりってやつになるんじゃなかろうか。

アイスクリームカップ

アイスクリームカップ

 
フックス/FUCHS/砂・水遊び用砂ふるい/フックス・砂ふるい 小/青/FU7704B

フックス/FUCHS/砂・水遊び用砂ふるい/フックス・砂ふるい 小/青/FU7704B

 

この出来事で、息子の一面を垣間見られてよかったです。ついつい大人って「この子はきっとコレが好き」「コレが好きであって欲しい」と勝手な思い込みで子供に何か与えがちなんだなぁと。少なくとも言われないとわたしが息子に買ってあげる候補に砂場道具は入らなかったです。自分の小さい頃もそういったすれ違いがよく起きていて悲しい気持ちになっていたことを思い出しました。

息子は届いた砂遊び道具を見てすごく喜んでいました。
平日の19時に公園に行くと言い出すくらい…(笑)

道具の充実により、息子の砂遊び熱がまだまだ続きそう。洗濯物に砂が紛れ込む事案はまだまだ続くな。

【2歳8ヶ月】クラスのブーム発信源

f:id:osakanit:20190311193019j:plain

保育園に迎えに行ったら、クラスの担任の先生がこちらへきて

「今、クラスで猫ちゃん恐竜ごっこ大ブームなんですよ!どっちも【息子の名前】ちゃんが流行の発信地なんです」

と教えてくれた。

おうふ…もうAくんに影響を与えているらしいとか言っているどころではない。
「なんかすみません」
とつい口から出そうになる。すぐ謝る日本人。
Aくんのお母さんが言っていたのはこのことなのかな。ん?うちの子幼児界のインフルエンサーなの?

osakanit.hatenablog.com

猫ちゃんごっこは、四つん這いになって「にゃーにゃー」と猫のものまねをするだけのもの。何を訊いても返事はすべて「にゃー」。(これがなにげにウザいんだが・笑)
だいたい息子は迎えに行くと急にこれをやりだす。母はいつもこれが謎だった。

何ヶ月も前からやっていて、これを見たお母さんや先生に
「猫飼ってるんですか?」
と何度か訊かれたこともあり。

いや、わたし猫アレルギーだしな。

週末によくペットショップをのぞくんだけれど、息子は犬より猫の方が惹かれるみたいなんですよね。猫が好きだから真似するんだろうか。

恐竜ごっこは何をしているのかはわからないので、今日お風呂の中で息子に訊いてみた。
「【息子の名前】ちゃんはステゴサウルスになったのよ」

なるほどわからん

家ではよく「ティラノサウルスが追いかけてきたよ!お母さん逃げて!」と急に演じ始めるので、園でやっているごっこ遊びもこんな感じなのかな?

猫ちゃんごっことか大人から見たら一体何が面白いのかわからないけれど、子供たちの中ではきっと面白いんだろう。
ブームになってるってことは、息子の趣味にクラスの子たちがみんな楽しんで付き合ってくれるってことですよね。ありがたいことだ。もしかしてクラスの子達みんなノリが良いのかも。
楽しいことを共有できるって大事。ぜひぜひこのまま社会性や『巻き込み力』を養っていただければと思う。

保育園での息子の様子をあまり知らないわたしは、最近息子のことを聞いてびっくりすることが多い。息子しっかり幼児やっているんだな。

【2歳8ヶ月】宇陀アニマルパークへ行ってきた

奈良県宇陀市にある『うだ・アニマルパーク』へ行ってきました。
『うだ・アニマルパーク』は動物のふれあいができる県立の都市公園で、なんと駐車場も入園料も無料!!!

13時半に到着しました。思っていたよりも駐車場にある車の数が多い。やはり無料ともなると人気のよう。

アニマルパーク園内は南側に動物エリア、北側に動物学習館や動物愛護センターなどの施設エリア、間には丘があります。

www.pref.nara.jpf:id:osakanit:20190310064107j:plain

まず池のある自然生態園を通り動物エリアへ。
動物エリアでは、ヤギ、羊、牛、ポニーとモルモットやうさぎなどの小動物がいました。動物たちはそれほどたくさんはいませんが、2歳児には十分。

息子「バクはいないの?」
いません。

動物のふれあいイベントでポニーの乗馬体験や牛の乳搾り、餌やりもありました。そのほとんどが無料。なんなの?神なの?!
しかし、今回無計画で何があるかも把握せず来た我が家は特にやっておりません。

上の写真はヤギの橋わたり。
ヤギたちが器用に細い橋を渡り、違う柵内に移動します。コレは面白い。

f:id:osakanit:20190310064323j:plain f:id:osakanit:20190310064122j:plain

園内は広々でまったり。
お天気も良かったので気持ちよく散歩できました。我が家は食べてから行きましたが、持ち込み可なのでピクニック気分も味わえますね。ワンタッチテントを持ち込んでいる人もいました。

丘にはローラー滑り台が2台設置されており、これは大人気。結構長かったです。ヒップソリ持ち込んでいる人も多数いました。
丘の上ではありませんが、北側の動物学習館前に小さな子どもたち用の遊具もあります。

動物学習館内はイベント参加者の受付を行う場所となっています。また、トイレ、ちょっとしたライブラリー、休憩できるスペースもあります。

やはりライブラリーには動物関連の本が多かったです。絵本もたくさんありました。願ったり叶ったり!

f:id:osakanit:20190309181621j:plain

そういや息子は最近本当に本が好きなんだなぁと感じます。
今まで乳児期読み聞かせは週1、1〜2冊できればいいくらいでそんなに必死こいてはしませんでしたが何かのきっかけで好きになるんでしょうかね。息子を見てると個人的には、絵本をたくさん読み聞かせしたから言葉の発達が早いとかないと思う。気質かな。
息子はこの動物学習館がたいぶ気に入り「帰ろうか」「まだ帰らなーい」を何度も繰り返していました。

結局我が家は3時間弱滞在しました。
園内の施設は綺麗で、旦那は「こんなに綺麗なのに無料?!」と驚いていました。
息子も帰り際「面白かったねぇ」と満足げに言っていました。なかなかの素敵スポットでしたね。

園内はボール遊びが禁止のようでそこは残念ですが、池もあるし動物もいるしちょっとした遊具もあるので子供はじゅうぶん楽しめます。

また来よう。

osakanit.hatenablog.com

【2歳8ヶ月】進級説明会で知る保育園での息子

f:id:osakanit:20190213052610j:plain

最近息子は「確かに」とか「勿論」などの言葉を使いだし、どこのマセガキだよと突っ込まざるを得ない。こんばんはosakaです。
子供って親の口調がうつるじゃないですか。これわたしの口調のクセですね。子は鏡。目の当たりにすると恥ずかしい口癖もあるので気をつけよう。

先日、保育園の進級説明会がありました。 息子はクラスの中では一番早く登園し降園が一番遅い。なので、わたしはあまりクラスのお友達やその親御さんたちと会うことはなくそれほど面識がないんですよね。

説明会は懇親会を兼ねていて、それぞれお母さんたちが子供の成長や困っていることを発表したりする機会があり。

ある男の子(Aくん)のお母さんがお話する番で
「誰と遊んだのかと聞くと、Bくんと【息子の名前】ちゃんと答えることが多いです。特に息子は【息子の名前】ちゃんの影響を強く受けています」

と不意に息子の名前が出てきて我に返った。

「…えっ?あ、【息子の名前】ちゃんってうちの子か?!」

わたしはあまり接点がないAくん母から息子の名前が出てくるなんて思わず、完全に油断してました。息子が誰かに影響を与えているだと?!
そして「おぉぅ、変な影響を与えていなければいいが…」妙にドキドキしちゃいました。

帰る時にちらっとAくんのお母さんとお話をしたんですが、息子がよくアナ雪の「Let It Go」歌っていますよねと言っていたのでAくんも真似して歌ったりとかしているのかな。そんな感じっぽかったです。
実は息子が好きな小島よしおの「頭にカンチョー」ネタを真似してしまっていたらマジすまない。

「あの子と遊んだら悪影響だわ」
とか思われてたらどうしようとか色々考えちゃいましたね。2歳児でもお友達に影響を与えちゃうことがあるんだよなぁとあらためて思いました。ヒィィィィ、怖い。

真似されるっていうのは何らかの魅力があるってこと。今は多分面白いからとかだろうが、ポジティブな意味(良い子ちゃんという意味ではない)で影響力がある子になってくれたら良いなぁ。
というか、子は親の影響を受けるから親も自分の言動には注意せよってことか?!

発表の後、子供たちと歌を歌うということで全員親がいる部屋に集合。
先生が「みんなどんな歌を歌いたいー?」と聞くと息子は率先して
「ABCのうた!」
と言っていました。

こういう親や子がたくさんいる場で意見を言えるタイプだったんだな。わたしは保育園での息子を全然知らないんで、そういった面が見られてすごく面白かったです。まぁ、想定通りではあるんですが。
良い感じの自己主張力(提案力)は大事にしたいところですね。

そんなこんなで、なかなかわたしは得るものが多かった進級説明会でした。
むしろ、保育園での息子を全く知らないわたしを再認識。

 

【2歳8ヶ月】歯科定期検診から息子の思考タイプを考える

f:id:osakanit:20190224005734j:plain

あー、花粉の季節つらー。osakaです!

今日は3ヶ月ぶりに息子の歯科定期検診&虫歯予防(フッ素塗布)でした。
先月、歯医者から息子あてに定期検診の葉書が来ていたので、前回同様わたしの予約ついでに一緒に予約しておきました。

osakanit.hatenablog.com

今回は前もって
「今日はお母さんと歯医者さんに行くんだよ。虫歯ないか見てもらって、虫歯になりにくくなる薬を歯ブラシで塗ってもらうの」
と息子に伝えてみたところ
「えー、歯磨き嫌なんだけど。ぼく泣くよ?」
と言われました。

いや、泣くよ?と宣言されましても。
別に泣いていただいても母はなんの問題もありませんが。

先のことを想像できるようになっている、成長しているってことなんだろうな。
しかし、その割にはグズらずすんなり歯科医院に入る息子。どういうことだい。度胸スワットルね!

わたしより先に息子を診てもらうことにしました。

で、結果は…

全然泣かず。
途中ニヤリと笑う余裕さえ見せる息子。
終わった後、先生や助手さんたちに「嫌がらず落ち着いてて賢いねー!」と褒められると
「ぼく、かっこいいから」
と真顔で捨て台詞を吐き、ドヤリングしながらドアから待合室に消えて行きました。みんなも笑ってらっしゃった。その言葉許されるの2歳までやからな!

自分のハードル下げて保険かけつつちゃんとやるとか「テスト勉強全然してない詐欺」かよ。

息子はあまり怖がりではないです。
よく見ていると自分が「怖い」と感じることに対して、過去の経験と照らし合わせ、親の態度周りの子供達の態度を観察し、そこから論理的に判断して乗り越え可能かを推測しているようです。そして、最終的に恐怖に打ち勝つことが多いような気がします。

息子は自分の感じたことより周りの状況を見て判断したことを優先するロジカルなタイプなのかもしれない。
となると、慎重派は自分の感じた恐怖の感情を優先するタイプ?なんて考えたり。
わたしもたぶん息子と同じタイプですね。

過去の打ち勝った経験を参照するので、一度対象の恐怖に勝つと自ずと勝率が上がっていきます。さらに母も怖いモン知らずと来たもんだ。ほんまかよ。

osakanit.hatenablog.com

ちなみに、検診結果は虫歯なしで口内良好でした。
奥歯は上の2本がまだでもうすぐ生えてくるとのこと。

甘いものはアメとソフトキャンディとキャラメルとガム以外は解禁しているので、最近はキシリトール入りのグミやチョコを適宜活用していたりします。全部が全部キシリトール入りではないんですけどね。それは破産するわ。

毎日朝と晩2回の歯磨きはジェル歯磨きで行っており、あまり嫌がることはありません。旦那がいてる時は絵本を読んでもらいながら歯磨きしています。前回からの改善点は寝る前に飲むのはお茶ではなく水にすることでした。
わたしは結構適当な部分があるので息子に虫歯がなくって安心しました。今後も気をつけていこうと思う次第!!

【2歳8ヶ月】続・恐竜ブームの息子

f:id:osakanit:20190228213615j:plain

先月はリリース作業などがありまして何かと忙しかったです。
今月プロジェクトの人員が減るんですよねぇ。てぇへんだ!

さてさて、引き続き恐竜ブームの息子。
大きな図鑑はまだ決めあぐねているのですが、実は先月ポケットサイズの図鑑を買ってみました。
購入したのは、『恐竜(小学館の図鑑NEO POCKET)』。

www.shogakukan.co.jp

最初は小さく片手でページを押さえて読まないといけないのでページがめくりにくくて読み辛いかなぁと思っていましたが、気に入ってくれました。
保育園から帰ったらまっ先にこの小さな図鑑を広げる毎日を送っています。

我が家は保育園から帰ったとき、息子が「◯◯を観たい」と言うと夕飯までの間TVを観せますが、今はTVより恐竜図鑑が面白いようで全く観たいと言ってこないです。

大きい図鑑選定のためまでの時間を埋めるためにポケット版を先に購入したんですが良すぎて大きい図鑑選ばなくても良いんじゃないかと思ってきたり(笑)

「これ、トリケラトプスの頭の骨?」
などと指して言っています。教えたわけでもないのにという存在を理解しているのが不思議。(化石の意味はまだ分かってはいないはず)

「【息子の名前】はこの恐竜さんに乗りたいの。お母さんはどの恐竜さんに乗りたい?」
と見開きイラストのページを見ながらよくこれを聞いてきます。母はブラキオサウルスが良いです。

もちろんピクチャーペディアも現役。昨日も恐竜のページを読んでいました。

最近は、保育園から帰る前に必ず保育園の本棚から『11匹のねこどろんこ』という恐竜が出てくる絵本を取り出し、眺めてから帰っています。
本当に恐竜が好きなんだなぁ。

www.ehonnavi.net

さらに、実はもう一冊恐竜関係の本を購入しまして。
コレは完全にわたしの趣味です、はい。

パナソニックセンターのライブラリーで見つけた大日本絵画の科学しかけ絵本シリーズの恐竜版『恐竜探検:太古の世界への旅』。

恐竜探検: 太古の世界への旅 (科学しかけえほんシリーズ)

恐竜探検: 太古の世界への旅 (科学しかけえほんシリーズ)

 

しかけ絵本なんですけれど、科学絵本や図鑑要素もあります。
しかけのクオリティが高く、水の表現なんかもすばらしい!絵もデザインもカッコイイ。わたしはこういう本が大好物だ!!!
あ、もちろん息子も大のお気に入りの本になっています。

「お母さん、ここにトンボがいるよ!」
なんてことにも気づいたり、パラサウロロフスという言いにくい名前の恐竜を覚えたり。つーか、なんて言いにくい名前なんだよ!
肉食恐竜と植物食恐竜は理解したようなので、次はページがわかれている中生代三畳紀ジュラ紀白亜紀あたりの言葉を覚えるのではないかなと思っています。

この科学しかけ絵本シリーズはちょっとお高いのでちまちま購入していきたいなぁと思っています。えぇ、主にわたしのために。

大きい図鑑は今持っている本たちとかぶらないモノが欲しいので、切り口が違うようなモノを選びそうな気配!

息子に「恐竜さんの骨(化石)見にいきたい?」って聞いたら「え、いやだよー」と答えていました。そこはいやなんかい!!!

osakanit.hatenablog.com

■本日の1曲

youtu.be

最近見つけたガールズグループ。
アカペラかっこ良い!ダンスしながらボイパむずそうだなぁ。
新旧ヒット曲メドレーアツい!

息子のイヤイヤ期&第1次反抗期のふりかえり

f:id:osakanit:20190224194809j:plain

2歳5ヶ月ごろから第1次反抗期(2歳版)が一気に収束に向かい、すごく聞き分けが良くなってきた息子。

現在「褒められたい期」なのか(そんなのがあるのかは知らんが)、
「ぼく、お片付けがひとりでできたの!」「ぼく、こぼさなかったよ!」
のような「こうするべきなのはちゃんと理解してやってますよ」発言が多くなってきました。
まぁ、ここらの対応も結構要注意かなと思ってはいますが、それはまた別の話。

ひとまず息子のイヤイヤ期&第1次反抗期を少し振り返りたいと思います。

* * * * *

■前提
 ・息子は元々あまり癇癪を起こさない
 ・性格は活発で積極的
 ・息子の言葉の発達は早い方
 ・基本ご機嫌野郎。毎日イヤイヤするわけではない

■息子の第1次反抗期の様子

息子のイヤイヤ期は1歳半頃から始まりました。
1歳半あたりのイヤイヤ期は、床ギャン(床に寝っ転がって泣くショッピングモールとかでよく見かけるやつ・笑)。
息子の泣きはあまり長く続かないので、それほどストレスはなかったです。10分以上泣き続けたことは数回程度。まだ1歳児なので力も強くはないし、抱えて退散など強制力が発動できます。これは1歳8ヶ月末で収束。プレってやつ?

2歳前半では反抗期という名にふさわしく、意にそぐわないことについては怒ってきたり、また泣き真似したり、言い訳したり、聞きたくないことに対しては無視したりが徐々にでてきました。ピークは2歳4ヶ月でした。
2歳では知恵もついて口が達者になり、気を逸らせることが難しくなります。動きもすばやく力も強くなるので強制的に何かをさせるのは合理的ではなくなります。対応の仕方の変更が求められます。

■親の対応

わたしの1歳〜2歳のイヤイヤ期対応としては

  1. 先の予定を伝える。例:「これが終わったらお風呂に入るよ」
  2. 親の都合のハードルは下げられるところまで下げる。
  3. 何度も言い聞かせる前提で、一度に注意し過ぎない。
  4. 叱っている理由をくどくど言わない。
  5. 息子のしたい、したくない気持ちに理解を示す。
  6. 息子に「大好きだよ」と伝える
  7. 母の気持ちを口と表情で伝える。例:「お母さんは悲しいよ」
  8. 本当にやって欲しくないことについては、目を見ていつもと違うトーンで話す

わたしは職業柄、理屈をこねて相手を納得させようとくどくど理由を言いがち。
その時、息子に「うるさいよ!静かにして!」と怒られてハッとしました。

言ったって聞く耳もたなきゃ伝わんないよな!

つーか、理屈なんて子供にとったらどうでも良いことやん!

自分が子供側に立ったときそれをどう感じるか、どうすればよいのかを考えるべきでした。
わたしが超屁理屈BBAに反論できない正論言われたら
「クソうるせーな!そんなんわかってるわ、BBAめ!」
ってなりますからね。分かるよその気持ち!クソBBAって言われてもしょうがないわ。←言ってない

我が家では、親の気持ちを伝えることが効果抜群でした。
親に何度も何度も「あれダメ」「これダメ」と注意をされていると自分というものが否定されたようになって気持ちが揺らぎ、不安定になってイヤイヤが増大するような気がしまして。

まず子供にちゃんと「大好きだ」という気持ちを口で伝え、親が自分を好きなことをまず前提として意識してもらうようにしました。まず土台が安定してないと上に何も建てられないので。
そして注意するときには「◯◯をしてくれなくて、お母さんは悲しいなー」と気持ちを素直に伝えます。
「ダメ」と言うより「お母さん、そういうのちょっとイヤなんだけど」と気持ちを伝える方が効果的でしたね。

今は「イヤ」ではなく「いいよ!ぼくやるわ」と人の気持を考えて譲歩してくれることが多く、少し嬉しい気持ちになります。
でも、言いなり人間にはなって欲しくないんですよね。(親ってホント…ry)なので、「親の言うことを聞く」ことを褒めるのではなくその考えに至った気持ちを褒めるようにしてはいます。が、効果があるのかはわからん!そこは試行錯誤中。

3歳は悪魔が出てくるとの情報もありますので(ヒィィィィ!!)引き続き気を抜かずに対応していけたらと思います。

育児ってほんと毎日が「trial and error」ですね。

osakanit.hatenablog.com

osakanit.hatenablog.com